宅建ファミリー共済 ホーム > 保険商品のご案内 > 住宅用賃貸総合補償保険
住宅用賃貸総合補償保険 - 賃貸住宅入居者の皆様をさまざまな災害や事故からお守りします。

家財補償等について

家財の損害(保険金をお支払いする主な例/保険金をお支払いできない主な例)

入居者の法律上の賠償責任(保険金をお支払いする主な例/保険金をお支払いできない主な例)

修理費用(保険金をお支払いする主な例/保険金をお支払いできない主な例)

簡易評価表(新価)に基づく保険金額の目安

契約タイプ別保険料表

この保険に付帯されている特約について

ご契約にあたってのご注意


家財補償等

火災 落雷 破裂・爆発 風さい、雹(ひょう)災、雪災 建物外部からの物体の落下、飛来など 漏水などによる水濡れ 騒擾(じょう)・集団行動に伴う暴力行為 盗難による盗取、損傷、汚損 現金・預貯金証書の盗難 水災 持ち出し家財の損害 各種費用

賠償責任補償

借家人賠償責任保険 個人賠償責任保険

主な費用補償

窓ガラス・洗面台の修理費用も補償! 給排水管が凍結により使用不能となった際の「解凍費用」も補償!
ページの先頭へ

家財の損害

保険金をお支払いする主な例

タバコの消し忘れで火災を起こし、
家財が焼失してしまった。

隣室の火事による延焼で、家具や洋服が焼失してしまった。
類焼による家財の損害も補償します。

大雨で近くの川が氾濫し、部屋が床上浸水の被害に遭い、家財が破損し使えなくなってしまった。
家財の損害の割合に応じて補償します。

落雷によってテレビが故障してしまった。
落雷による家財の損害を補償します。

台風で窓ガラスが割れ、雨水のふきこみでテレビ・パソコンなど30万円相当の損害が発生した。
風災で住宅の一部が破損し、20万円以上の損害が発生した場合は補償します。

上の階からの漏水によってパソコンが故障してしまった。
漏水事故による家財の損害は補償します。

アパートの駐輪場に置いてあった自転車や原付を盗まれてしまった。
構内指定の保管場所での盗難を補償します。
警察への被害届が必要となります。

※原付(原動機付自転車:125cc以下) ※100万円限度

泥棒に入られ、預貯金証書を盗まれ、現金が引出されてしまった。
預貯金証書の盗難は200万円まで補償します。
警察への被害届が必要となります。

保険金をお支払いできない主な例

地震により、家具やテレビが倒れ、破損してしまった。
地震による損害は補償の対象外となります。

誤ってビデオカメラを落として破損してしまった。
破損・汚損は補償の対象外となります。

駐車場に置いてあったのフロントガラスにヒビが入ってしまった。
自動車は補償の対象外となります。

落雷によってパソコンが故障し、パソコン内のデータが消失してしまった。
データの消失については補償の対象外となります。

窓を閉め忘れたため、雨水の吹込みでテレビが故障してしまった。
単なる雨水の吹込み、雨漏りを原因とする家財の損害は補償の対象外となります。

帰宅中にハンドバッグを電車の網棚に置き忘れた
置き忘れは補償の対象外となります。

買い物中に店先に置いた自転車を盗まれてしまった。
持ち出し家財の自転車は補償の対象外となります。

泥棒に入られ、40万円で購入した腕時計を盗まれてしまった。
30万円を超える貴金属・宝飾品・美術品は引き受けの対象外となります。


ページの先頭へ

入居者の法律上の賠償責任

保険金をお支払いする主な例

洗濯機のホースが外れ、借用戸室の床が水びたしになり、床に損害を与えてしまった。

タバコの消し忘れで火災を起こし、借用戸室を焼失させてしまった。

トイレをつまらせて水漏れを起こし、階下の入居者の家財に損害を与えてしまった。

自転車に乗っている際、他人にぶつかりケガを負わせてしまった。

ベランダから植木鉢を落としてしまい、駐車場の車(他人所有)を傷つけてしまった。

保険金をお支払いできない主な例

排水管の老朽化が原因で、階下に漏水し、損害を与えてしまった。
老朽化は補償の対象外となります。

レンタルショップで借りたDVDにキズを付けてしまった。
被保険者の管理下にある物の損壊は補償の対象外となります。

自動車を運転中、他人にケガをさせてしまった。
自動車事故は補償の対象外となります。

勤務中に会社のFAX機を誤って壊してしまった。
職務遂行中は補償の対象外となります。


ページの先頭へ

修理費用

保険金をお支払いする主な例

盗難被害に遭い、窓ガラスを壊されてしまった。(※)
警察への被害届が必要となります。

イタズラに遭い、部屋の鍵穴に異物を詰められてしまったため、ドアロックを交換した。
警察への被害届が必要となります。
[3万円限度]

部屋の鍵が盗難被害に遭ったため、ドアロックを交換した。
警察への被害届が必要となります。
[3万円限度]

凍結により、給排水管が破損または使用不能となってしまった。(※)
凍結により、使用不能になった場合の解凍費用も補償します。
[10万円限度]

誤って借用戸室の窓ガラスを割ってしまった。(※)
[30万円限度]

寒暖の差による自然現象で網入窓ガラスにヒビが入ってしまった。(※)
[30万円限度]

化粧ビンを落としてしまい、洗面台を破損してしまった。(※)
[30万円限度]

※家主との契約に基づき、または緊急的に自己の費用で現実に修理した場合に限られます。

※「窓ガラス」とは、保険契約証記載の住宅の窓に取付けられたガラスで外部に面したものに限ります(室内の間仕切りガラス、玄関扉のガラス部分は含まれません)。

保険金をお支払いできない主な例

以下のような破損や紛失は補償の対象外となります。

家具を移動中に誤って内壁や床を損傷させてしまった。

外出先で鍵を紛失してしまい、ドアロックを交換した。

老朽化により、給排水管が破損してしまった。

誤って便座のフタを破損してしまった。

花ビンを落としてしまい、床を破損してしまった。


ページの先頭へ

簡易評価額(新価)に基づく保険金額の目安

ご存知ですか?家財って以外と高額です。
家族構成 独身世帯 2名 3名 4名 5名
ご夫婦のみ ご夫婦 ご夫婦 ご夫婦 ご夫婦 ご夫婦 ご夫婦 ご夫婦 ご夫婦 ご夫婦
- 小人1名 - 小人2名 小人1名 - 小人3名 小人2名 小人1名 -
- - 大人1名 - 大人1名 大人2名 - 大人1名 小人2名 大人3名
お部屋の専有面積
(目安)
〜30m2 〜40m2 40m2〜60m2 60m2〜70m2 70m2〜80m2 80m2
世帯主
の年齢
〜27歳 300万円 500万円 600万円 700万円 800万円 900万円
28歳〜32歳 700万円 800万円 900万円 1,000万円
33歳〜 1,000万円

※1住宅用賃貸総合補償保険は、新価(再調達価額)基準の実損払いで保険金をお支払いいたします。

※2保険の対象である家財の評価額の算出には、被保険者(保険の補償を受けられる方)所有の家財を、今あらたに再取得する場合どのくらい費用がかかるかを計算していただくか、または上表「簡易評価額(新価)に基づく保険金額の目安」をご参照ください。なお、上表にあてはまらない家族構成につきましては、ご夫婦のみまたは独身世帯をベースに、大人(18歳以上)は1名あたり130万円、子供(18歳未満)は1名あたり80万円を目途に加算のうえご算出ください。(ただし、保険金額はあらかじめ設定された契約タイプのみの販売となります。)

※3ご契約タイプの保険金額は、算出した評価額を超えない範囲でお決めください。(この保険と同様の損害を補償する他の保険契約(共済を含む)などがある場合には、他の保険契約の保険金額をご勘案のうえお決めください。)

※4上表の保険金額の目安には「貴金属(腕時計を含む。)、宝玉および宝石ならびに書画、骨董、彫刻物その他の美術品」で1個または1組の価額が30万円を超える物(明記物件)の額は含まれていません。(弊社は明記物件の引受けは行いませんので、保険の対象とすることはできません。)

ページの先頭へ

契約タイプ別保険料表

※ご加入に際しましては上表の家族構成およびお部屋の専有面積ごとの保険金額の目安を参考に「契約タイプ」をお選びください。

■賠償3,000万円タイプ :日常生活中のまさかの高額賠償事故に備えるためにおすすめします。

保険金額 家財総合補償 200万円 300万円 400万円 500万円 600万円 700万円 800万円 900万円 1,000万円
賠償責任補償
(借家人賠償/個人賠償)
3,000万円
契約タイプ
保険料
保険期間2年 F02 F03 F04 F05 F06 F07 F08 F09 F10
14,000円 16,500円 18,500円 21,000円 23,500円 25,500円 28,000円 30,500円 32,500円
保険期間1年 E02 E03 E04 E05 E06 E07 E08 E09 E10
7,500円 8,500円 10,000円 11,000円 12,000円 13,500円 14,500円 15,500円 17,000円

■賠償1,000万円タイプ

保険金額 家財総合補償 200万円 300万円 400万円 500万円 600万円 700万円 800万円 900万円 1,000万円
賠償責任補償
(借家人賠償/個人賠償)
1,000万円
契約タイプ
保険料
保険期間2年 D02 D03 D04 D05 D06 D07 D08 D09 D10
13,000円 15,000円 17,500円 20,000円 22,000円 24,500円 27,000円 29,000円 31,500円
保険期間1年 C02 C03 C04 C05 C06 C07 C08 C09 C10
7,000円 8,000円 9,500円 10,500円 11,500円 13,000円 14,000円 15,000円 16,500円
ページの先頭へ

引越のため、新旧両方の賃貸物件に家財がある場合もご安心ください。

この保険に付帯されている主な特約について

〈法人等契約の被保険者に関する特約〉

保険契約証記載の借用住宅に保険契約者である法人等(個人事業主を含みます。)の従業員等が居住する場合に適用します。入居する従業員等の入れ替わりが発生しても、自動的に被保険者(保険の補償を受けられる方)が変更されますので、その都度変更手続きをしていただく必要がありません。

〈賃貸別荘等の居住者補償特約〉

本来この保険に加入できるのは生活の本拠である賃貸住宅の居住者でありますが、賃貸別荘(生活の本拠でない物件)をお借りの方もこの保険に加入できる特約です。なお、この特約をセットすると賠償責任の被保険者は保険契約証記載の入居者本人に限定されます。

〈保険料払込取扱票等払特約〉

更新契約等における保険料の払込みを払込取扱票、オンライン決済(ペイジー・インターネットバンキング・コンビニエンスストアーのマルチメディア端末による決済等)もしくは振込みの手続きにより行う場合にセットする特約です。

ページの先頭へ

ご契約にあたってのご注意

住宅用賃貸総合補償保険は、世帯が生活の本拠として居住されている賃貸住宅の家財を補償の対象としています。生活の本拠として居住されていない他の住宅や事務所・店舗などにはこの保険はご加入できませんのでご注意ください。ただし、「賃貸別荘等の居住者補償特約」の対象となる貸別荘等はご加入いただけます。

ご契約に際しましては、重要事項説明書(「契約概要」および「注意喚起情報」)を必ずご一読のうえ、内容を充分にご理解ください。
また、ご加入内容が“お客様のご希望に沿った内容となっていること”、“お引受けするご契約の内容や保険金額が適切であること”をご確認いただくため、保険契約申込書の「お客様のご意向・お申込み内容確認欄」につきましてももれなくご回答いただきますようお願いいたします。

ご契約タイプはパンフレット等に記載の契約タイプ一覧表よりお選びください。

この住宅に他の保険契約がある場合には必ずお申出ください。(他の保険契約が弊社の契約の場合、重複してご加入できない場合があります。)

事故が起こったとき、または転居などご契約内容に変更が生じたときは、直ちに弊社または取扱代理店までご連絡ください。

賠償事故が発生した場合は解決にあたり事前に弊社の承認が必要ですのでご相談ください。

この保険契約では保険期間にかかわらず、ご契約を申込まれた日から、その日を含めて8日以内であればご契約のお申込みの撤回または解除を申出ることができるクーリング・オフ制度がございます。ご契約の際に、クーリング・オフ制度を説明した書面でご確認ください。

弊社少額短期保険募集人について
弊社の少額短期保険募集人は、保険契約の締結権、告知の受領権および保険料の受領権を有しています。

ページの先頭へ

【住宅用賃貸総合補償保険】

保険金等をお支払いする場合 お支払いする保険金等 保険金等をお支払いできない主な場合




①火災、落雷、破裂・爆発 実際の損害の額(再調達価額)

ただし、家財総合補償保険金額が限度
⑥盗難については100万円が限度
【保険の対象とならない次の物等に生じた損害】
・自動車、船舶および航空機
・通貨、小切手、有価証券、預貯金証書、乗車券等(通貨、預貯金証書の盗難で保険金をお支払いする場合を除きます。)
・商品、営業用什器・備品その他これらに類する物
・貴金属(腕時計を含む。)、宝石、書画、骨董品等で1個または1組の価額が30万円を超える物
【次の事由に起因する家財および費用損害については保険金をお支払いいたしません】
・保険契約者または被保険者の故意もしくは重大な過失または法令違反
・被保険者でない者が保険金の全部または一部を受取るべき場合においては、その者の故意もしくは重大な過失または法令違反。ただし、他の者が受取るべき金額については除きます。
・保険契約者または被保険者が所有または運転する車両またはその積載物の衝突または接触
・保険の対象の置忘れまたは紛失
・事故の際における保険の対象の紛失または盗難
・保険の対象が屋外にある間に生じた盗難
・持ち出し家財である自転車または原動機付自転車の盗難
・戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変または暴動
・地震もしくは噴火またはこれらによる津波。ただし、地震火災費用保険金については、この限りではありません。
・核燃料物質もしくは核燃料物質によって汚染された物の放射性、爆発性その他の有害な特性またはこれらの特性による事故
・窓ガラス・洗面台不測かつ突発的な事故修理費用損害のうち次に該当する場合
①自然の消耗もしくは劣化等
②単なる外観上の損傷または汚損であって機能に直接関係のない損害
・その他不測かつ突発的な事故(破損・汚損等)。ただし、窓ガラス・洗面台不測かつ突発的な事故保険金については、この限りではありません。
【次に該当する賠償損害については保険金をお支払いいたしません】
・保険契約者または被保険者の故意
・戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変または暴動
・地震もしくは噴火またはこれらによる津波
・核燃料物質もしくは核燃料物質によって汚染された物の放射性、爆発性その他の有害な特性またはこれらの特性による事故
・被保険者の職務遂行に直接起因する損害賠償責任
・被保険者の心神喪失に起因する損害賠償責任
・被保険者の使用人が被保険者の業務に従事中に被った身体の障害に起因する損害賠償責任。ただし、被保険者が家事使用人として使用する者を除きます。
・被保険者と住宅の貸主または第三者との間に損害賠償に関し特別の約定がある場合において、その約定によって加重された損害賠償責任
・被保険者が所有、使用または管理する財物の損壊についてその財物につき正当な権利を有する者に対して負担する損害賠償責任。ただし、家主に対する賠償損害保険金を支払う場合の損害賠償責任または区分所有建物の共用部分について他の区分所有者に対して負担する損害賠償責任については、これを除きます。
・被保険者が保険契約証記載の住宅を貸主に引渡した後に発見された保険契約証記載の住宅の損壊に起因する損害賠償責任
・航空機、船舶・車両または銃器の所有、使用または管理に起因する損害賠償責任
・給排水管、冷暖房装置、湿度調節装置、消火栓、スプリンクラーその他既設の設備・装置類の欠陥、劣化またはさびに起因する損害賠償責任
②風災、雹(ひょう)災、雪災(住宅が直接破損し家財の損害が20万円以上となった場合)
③建物外部からの物体の落下、飛来、衝突等
④漏水、放水、溢(いつ)水による水濡れ
⑤騒擾(じょう)、労働争議等
⑥盗難による盗取、損傷、汚損
⑦保険契約証記載の住宅内における通貨・預貯金証書(※)の盗難
※預貯金証書については、預貯金先に直ちに被害届出を行い、かつ盗難にあった預貯金証書により預貯金口座から現金が引出された場合に限ります。
実際の損害の額
(通貨20万円、預貯金証書200万円限度)


損害割合30%以上 家財総合補償保険金額×実際の損害額/再調達価額×70%
床上
浸水
損害割合15%以上30%未満 家財総合補償保険金額×10%
損害割合15%未満 家財総合補償保険金額×5%
⑨持ち出し家財(他の建築物内) (上記①~⑥の場合) 実際の損害の額(再調達価額) 家財総合補償保険金額×20%または100万円のいずれか低い額限度




臨時費用(上記①~⑤の場合) 家財保険金×30%(1事故につき100万円限度)
残存物取片づけ費用(上記①~⑤の場合) 実費(家財保険金×10%限度)
失火見舞費用(上記①の自火、自破裂・爆発の場合) 被災世帯数×20万円(1事故につき家財総合補償保険金額×20%限度)
地震火災費用
(地震等による火災で保険の対象を収容する建物が半焼以上または保険の対象が全焼の場合)
家財総合補償保険金額×5%
修理費用(上記①~⑥の事故により損害を受けた住宅の貸主との契約に基づきまたは緊急的に自己の費用で修理した場合) 実費(1事故につき100万円限度)
窓ガラス・洗面台不測かつ突発的な事故修理費用 (不測かつ突発的な事故により損害を受けたため住宅の貸主との契約に基づきまたは緊急的に自己の費用で修理した場合) 実費(1事故につき30万円限度)
給排水管凍結損害修理費用(給排水管が凍結により損壊または使用不能となった場合) 給排水管修理費用(解凍費用を含む)
(実費)(1事故につき10万円限度)
ドアロック盗難事故交換費用(鍵の盗難による) ドアロックの交換費用(実費)(1事故につき3万円限度)
ドアロックいたずら事故交換費用(鍵穴のいたずらによる) ドアロックの交換費用(実費)(1事故につき3万円限度)
賃借・宿泊費用(上記①~⑥および⑧の事故により建物の損害が半損以上となった場合) 実費(1事故につき家賃月額の3か月または30万円のいずれか低い額限度)
損害防止費用(上記①の場合) 実費(必要または妥当な費用)






個人賠償責任
・保険契約証記載の入居者(「本人」といいます。)ならびに保険契約証記載の住宅に本人と同居する親族および賃貸借契約上の同居人の日常生活に起因する法律上の損害賠償責任
・本人の居住の用に供される保険契約証記載の住宅の使用、管理に起因する法律上の損害賠償責任
損害賠償金、訴訟費用、弁護士費用等 (1事故につき賠償責任補償保険金額限度)
借家人賠償責任
保険契約証記載の住宅が火災、破裂・爆発、盗難もしくは給排水設備に生じた事故に伴う漏水等による水濡れによって損害を受けたため、被保険者が住宅の貸主に対して負担する法律上の損害賠償責任

※この保険は「再調達価額」(同じものを購入する為に必要な金額)基準にて保険金額を限度に実際の損害額をお支払いいたします。
ただし保険の対象が貴金属、宝玉、宝石、ならびに書画、骨董、彫刻物その他の美術品の場合は時価額基準の支払いとなります。

※このページは保険の概要を説明したものです。この保険の詳細につきましては、弊社または取扱代理店にお問合せください。

ご注意:保険料は、所得控除(年末調整)の対象とはなりません。

ページの先頭へ